ニキビができてしまうと憂鬱になる

できてしまったニキビ痕、クレーターや赤味などさまざまな種類がありますが、それをきれいなお肌に直すまでには時間がかかりますよね。
ニキビ痕には、紫外線が大敵です。ニキビ痕が紫外線を浴びることによって、色素沈着をお越し、更にシミになってしまうケースも多いようです。一度シミになってしまうと、紫外線を吸収しやすくなるため、更にシミが悪化してしまう可能性もあります。
外出する際には、日焼け止めを使用することをおすすめします。

また、ビタミンは、ニキビやニキビ痕の改善に有効であることが知られています。ニキビ痕に効果的なビタミンは、ビタミンC、B2、B6,そしてビタミンEと言われています。
前回紹介した、ビタミンC誘導体も、ニキビ跡に効果があるといわれています。ニキビ痕には、油溶性のビタミンC誘導体がおすすめです。水溶性のものよりも、皮膚吸収が高く、持続的にビタミンCに変っていきます。
ビタミンC誘導体は、強力な抗酸化作用をもち、活性酸素を除去し、コラーゲンの合成を促進するため、ニキビ痕だけではなく、美白・美肌ケアにも効果的な成分です。
ビタミンをたっぷり補給して、お肌を健康に保ちましょう。
ニキビ痕が治らない場合、ひどい場合は、専門家による治療をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です