同じ食べ物ばかり食べていると副作用がでてもおかしくない

いろいろな食べ物の中でも比較的コレステロールが低いものは大豆ですが、大豆ばかりを食べる食生活が味気ないものになってしまいます。
大豆ばかり食べている生活なんておかしいと思ってもダイエットしている人には多いみたいですよ。

食材だけで、1日のレシチン摂取量を確保しようとすると、結構な分量を摂取しなければならなくなってしまうといいます。1日の摂取量ですから、翌日また同じ量を食べなければなりません。こんなのが続いたら副作用がでても仕方がないですよね。もしも食材だけでレシチンを得ようとすると、毎日たくさんの大豆製品や落花生、卵を食べなくてはならないでしょう。

サプリメントと比較すると、煩雑にもなります。継続してレシチンを補給したいならば、やはりサプリメントの存在は大事です。ということで食事だけでレシチンを確保することは難しいてでしょう。サプリメントといえば副作用があるというのが怖いですね。テレビCMで有名なアントシアニンといのをサプリで摂りたいなって思って調べたらアントシアニンの副作用はそんなにきつい状況にはなりませんので心配しすぎることはないようです。なんにしても大豆に限らずおなじばかり食材を食べているというのは良くないですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です