80年代アニメ

80年代アニメはやっぱりバブリーな表現が多いですよね。あの時代を生きた私の青春時代は懐かしく思い浮かべることがあります。

つい最近、地上波の再放送でシティハンターというアニメを見たのですが、ファッションがかなりバブル時代を表現しています。なんとなくきらびやかなネオンにボディコンのファッション、間違いなく80年代でしたね。

シティハンターやキャッツアイに限らず、少年週刊ジャンプが全盛期のころは、バブル時代の表現が多いです。

週刊少年ジャンプではありませんが、小学館から発行されている「美味しんぼ」はまさにバブル時代が生んだグルメ漫画といえるかもしれません。

「美味しんぼ」は、食にこだわることが常に描かれていて、金に糸目をつけない感じがバブルを感じます。しかも、庶民的じゃないフランス料理や、当時、高級だったステーキ、ふく料亭など溢れんばかりでした。

今思えば、食にこだわるのはいいのだけど、食材にこだわらないおいしいものっていっぱいあると思うんですよね。本当に。
高級なものは、おいしいのは当たり前なんですから、安くてうまいもの、特にチェーン店料理もグルメ漫画の題材としてありかなって私は思います。

でも、結果、美味しんぼとい漫画は面白く今でも読み返します。

昔、ペットを飼っていました

最近、珍しいペットを飼う人が増えましたよね。トカゲのようなものや、ミーアキャット(プレーリードック?)など珍動物も増えました。

私は子供のころ、犬やモルモットを実家で飼っていました。

犬は2回。それぞれ一頭づつ。

最初は、アイヌ犬という血統書付きの中型犬。見た目は秋田犬ですが、大きさはシバ犬と同じくらいでした。今でこそ、都会では室内で飼うことが多くなりましたが、田舎暮らしだった子供のころは外で飼っていました。

2回目に飼った犬は、マルチーズとポメラニアンの雑種でした。この組み合わせが結構かわいいという評判で、みためは本当に可愛かったです。ただ、育て方が悪かったせいかかなりのきかん坊で正直うるさかったです。そんな子も12年は生きました。

モルモットはネズミの一種で、見た目は可愛かったのですが、人に馴つくことはなく、ずーっと段ボールの中での生活でした。こまに糞をするので、世話も大変だったようです。

そんな世話をしていたのが、私の母で、母にだけはなついていた印象です。母が歩くたびに足音で判断するという行動が見られました。

なついてはいなかったですが、モルモットが死んだときは本当に悲しかった思い出があります。

ニキビができてしまうと憂鬱になる

できてしまったニキビ痕、クレーターや赤味などさまざまな種類がありますが、それをきれいなお肌に直すまでには時間がかかりますよね。
ニキビ痕には、紫外線が大敵です。ニキビ痕が紫外線を浴びることによって、色素沈着をお越し、更にシミになってしまうケースも多いようです。一度シミになってしまうと、紫外線を吸収しやすくなるため、更にシミが悪化してしまう可能性もあります。
外出する際には、日焼け止めを使用することをおすすめします。

また、ビタミンは、ニキビやニキビ痕の改善に有効であることが知られています。ニキビ痕に効果的なビタミンは、ビタミンC、B2、B6,そしてビタミンEと言われています。
前回紹介した、ビタミンC誘導体も、ニキビ跡に効果があるといわれています。ニキビ痕には、油溶性のビタミンC誘導体がおすすめです。水溶性のものよりも、皮膚吸収が高く、持続的にビタミンCに変っていきます。
ビタミンC誘導体は、強力な抗酸化作用をもち、活性酸素を除去し、コラーゲンの合成を促進するため、ニキビ痕だけではなく、美白・美肌ケアにも効果的な成分です。
ビタミンをたっぷり補給して、お肌を健康に保ちましょう。
ニキビ痕が治らない場合、ひどい場合は、専門家による治療をおすすめします。

産後歯が黄ばんで解決したのははははのは

初めての出産を終えて慣れない育児を母にフォローして貰うことと、自分の身体を休めたいので実家にしばらく帰ることにしました。
この時期に無理をすると女性ホルモンのバランスが崩れて、偏頭痛やのぼせなど不調が起こりやすいと聞いていたからです。
自宅にいても夫の帰宅は深夜なので助けは期待できません。
でも、私が一番悩んだのは歯が黄ばんでしまったことです。

その黄ばみを見て夫は産後の身体を心配して、「実家に2ヶ月程度は居たら良いよ」と言ってくれました。
久しぶりの実家でのんびり育児をしていると、急に義父母が訪ねてくるようになったのです。
連絡もして来ないで急に来るので子供は起きるし、私は休めなくて身体がきつかったのですが、
初孫でフィーバーしている義父母はお構いなしです。
ほとんど毎日来て滞在時間も長くなり、ついに朝から来て夕方まで居座られて限界に達しました。
母からも私からもやんわり言ってもダメで「孫ちゃんが可愛いから会いに来ている」と言われると強硬な手段も取れず困りました。
困り果てて夫に訴えたら夫が義父母に、
「このままでは母乳が出なくなって子供の成長にも影響する。
妻が休養も取れず入院しても良いのか?」と叱ってくれて、
夫の許可無しには来訪しない約束を取り付けました。
お陰で休養が取れて母乳の出も戻ってきたので安心しました。

一番気になっていた歯の黄ばみは、母親が『はははのは』という無添加のホワイトニング歯磨き粉を買ってくれたので使ってみました。出産後って添加物が気になるのですがはははのははそういう悪い成分が入っていないみたいで安心して使うことできたからか、気になっていた歯の黄ばみがキレイになって歯が白くなりました。産後の歯の黄ばみが気になる人ははははのは 効果について詳しくのっているこちらのサイトを見るのがおすすめです。

同じ食べ物ばかり食べていると副作用がでてもおかしくない

いろいろな食べ物の中でも比較的コレステロールが低いものは大豆ですが、大豆ばかりを食べる食生活が味気ないものになってしまいます。
大豆ばかり食べている生活なんておかしいと思ってもダイエットしている人には多いみたいですよ。

食材だけで、1日のレシチン摂取量を確保しようとすると、結構な分量を摂取しなければならなくなってしまうといいます。1日の摂取量ですから、翌日また同じ量を食べなければなりません。こんなのが続いたら副作用がでても仕方がないですよね。もしも食材だけでレシチンを得ようとすると、毎日たくさんの大豆製品や落花生、卵を食べなくてはならないでしょう。

サプリメントと比較すると、煩雑にもなります。継続してレシチンを補給したいならば、やはりサプリメントの存在は大事です。ということで食事だけでレシチンを確保することは難しいてでしょう。サプリメントといえば副作用があるというのが怖いですね。テレビCMで有名なアントシアニンといのをサプリで摂りたいなって思って調べたらアントシアニンの副作用はそんなにきつい状況にはなりませんので心配しすぎることはないようです。なんにしても大豆に限らずおなじばかり食材を食べているというのは良くないですよね。

ビオチンならヨーグルトよりもサプリや錠剤

ヨーグルトを買うとビオチンという成分が書いてありました。ビオチンって何なのかなと思ったら、ビタミンBの一種で別名ビタミンHとも呼ばれている成分だそうです。体の中のビオチンを増やすために、どんな方法をとればサプリメントの摂取をしなくても良いのでしょうか。

食事からもビオチンを摂取できますが、腸内でも生成されています。サプリメントやビオチンを含む食品で摂取するか、ビオチンを作りすい環境に腸内を整えることが、ビオチン増加のためには不可欠だといえます。レバー、豆類、卵などの食材に、ビオチンは含まれています。水に溶けやすい性質があるビオチンは、水溶性ビタミンの一種です。水で流出することは、食品の中ではたんぱく質と結びついているのでないでしょう。サプリメントを利用してビオチンを摂りたいときにサプリメントを選ぶ際、ビオチンだけでなく、ビタミンB群が全て入っているものにしましょう。ビタミンB群の一種であるビオチンは、ビタミンB7とも呼ばれています。

体の中に吸収されずに排出されてしまうことが多々あるのが、ビオチンだけを摂取したほうがいいみたい。ただヨーグルトを食べても腸まで本当に欲しい成分は届かないみたい・・・。なので乳酸菌の成分が体のために欲しいと思ったらヨーグルトよりもサプリや錠剤がはいっているほうがいいみたい。

アントシアニンは30女子の味方!

女性のホルモンバランスを整えたり、肌に良いといわれているプラセンタという成分があります。馬や豚のプラセンタがあるように羊のプラセンタもあるようです。羊がかかる可能性がある病気は、スクレイピーというものだそうです。羊を原料にしたプラセンタが、今まで日本では作られたことがなかったのです。プラセンタの原料である羊をスクレイピーから守るために大事なことは、細部まで行き届いた衛生管理のもとで、ワクチンや薬剤などを利用せずに清潔な食事を与えて羊を飼育することです。プラセンタというとドリンクやサプリで飲むことができます。肌だけでなく目に良いというサプリがあります。

それはアントシアニンというサプリです。目の不調を緩和する効果も、アントシアニンを定期的に補給することで得られるそうです。白内障の予防効果や、狭まった視界を広くする作用が、アントシアニンのサプリメントからは得られるとも言われています。アントシアニンサプリメントは、コストパフォーマンス的にも優秀ですので、常用していると目にもいいみたいアントシアニンってすごいんですね。だから30代を超えたらアントシアニンをとることがおすすです。